カーメンテナンス情報

mainimage

モービル製品を使うことで、適切にメンテナンスされた車と、スムーズな走行を手に入れましょう。

エンジン管理を第一に

走行距離が延び、生活のペースも速くなっている今の時代は、ライフスタイルのペースやテクノロジーの大きな変化に付いていくのは容易ではありません。車のハイテク化と、ディーゼルエンジンの躍進につれ、エンジンメーカーとOEMメーカーからのアドバイスは、さらに重要になってきています。点検周期が延びても、車のオイルレベルチェックだけは忘れてはいけません。

つまり、次回整備工場に車を持っていく間も、定期的にオイルレベルをチェックして、必要であればオイルを補充しておくことが、今までになく重要になっているということです。理由は、オイルレベルが低下してくると、オイルの性能も低下し、汚れと消耗が進み、結果的に車の性能が低下し始める可能性があるからです。

また、エンジンは摩耗や過熱が進むと、完全な焼付きに到るほどの深刻な問題に直面する可能性もあります。オイルによっては、温度が高すぎたり低すぎると、粘性が高くなったり、酸化が進んだりします。 潤滑が適切でなければ、摩擦によってエンジン部品が損傷する可能性もあります。 モービルの技術はこうした問題を踏まえ、高温でも低温でも性能を発揮する、非常に安定した潤滑油を製造しました。最寄りのエッソ、モービル、ゼネラルのサービスステーションにお立ち寄りの際は、定期的なオイル補充がエンジンの摩耗を改善し、寿命を延長することを忘れないでください。

Mobil 1™ でオイルを補給:なぜ/いつ/どうやって

オイルの定期チェックが必要な理由

エンジンの進化によって、現代の自動車はきわめて信頼のおける存在になりました。おかげで次回の点検時期が訪れるまで、かつてよりずっと長時間、ときには何千キロもの距離を余分に走行できます。ドライバーにとっては嬉しい話ですが、これはオイルの状態を定期点検し、必要に応じて補給することが、かつてよりも重要になったことを意味します。それを怠ればエンジンの摩耗や過熱は加速するでしょう。ときには、エンジンの完全な焼つきに至るといった、深刻な問題につながる可能性もあります。

最適なオイルチェックのタイミングは?

理想的には、週に1回はオイルチェックをするべきです。車種によってオイルの消費量は異なりますが、運転スタイルによっても変化します。

どうやってオイルチェックを行い、いかに補給するか。

  1. 1. 水平な場所に駐車し、エンジンを切る。オイルが安定するまで3、4分待つ。
  2. 2. レベルゲージを引き抜き、オイルを拭き取る。再び差し込んでオイルレベルを読む。
  3. 3. もし最低量を下回っていたら、給油マニュアルから必要とされる補給量を確認する。
  4. 4. エンジン上部にあるオイル給油キャップを取り外し、適切な量のオイルを補充。
     その後、オイル給油キャップを元通りに取りつける。
  5. 5. エンジンにオイルが行き渡るまで60秒ほど待つ。その後、再びレベルゲージを差し込んでオイルの
     レベルを確認。必要に応じて、オイルをさらに補給する。

お問い合わせ

よくあるご質問をまとめたFAQ及びお問い合わせが行えます。

  • よくあるご質問
  • 製品についてのお問い合わせ

ページトップにもどる

Mobil ™
Mobil™ 並びに Mobil™ 潤滑油製品ブランドはエクソンモービルの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。